• 印刷する

マヒンドラ、来月から乗用車を値上げ

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は19日、来月1日から乗用車の価格を引き上げると発表した。値上げ幅は最大で3万6,000ルピー(約5万5,700円)。

価格引き上げは、来月1日から導入される自動車産業基準(AIS)の安全基準順守に向けた生産コストの拡大が要因。AISの安全基準では全ての乗用車に関して、運転席のエアバッグやシートベルト、速度警告システムなどの安全機能の装備が義務付けられる。

M&Mによると、値上げ幅が大きいモデルは大型スポーツタイプ多目的車(SUV)の「スコーピオ」と「ボレロ」、小型SUVの「TUV300」と「KUV100NXT」など。中型SUV「XUV500」や多目的車(MPV)「マラッゾ」は小幅な値上げとなる見通しだ。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

印ホテルOYO、契約者が不満点を指摘(02/21)

テイクオフ:南はいい。例えばベンガ…(02/20)

鉄鋼業界、大手3社が赤字 価格下落が影響(02/20)

英GFG、インドの鉄鋼2社を買収(02/20)

英JLR、新型肺炎で工場閉鎖の可能性(02/20)

アップル製品、新型肺炎で早くも品薄に(02/20)

インド向け農水産物輸出、中国代替で拡大へ(02/20)

LED電球の値上げも、新型肺炎の影響で(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン