マンダレー、新たなガス火力発電所が稼働

ミャンマー北中部マンダレー管区で、新たなガス火力発電所が稼働した。発電容量は14万5,000キロワット(kW)。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 BOT(建設・運営・譲渡)方式に基づく同発電所の事業権は、中国企業のパワージェン・チャウセが2018年5月に落札。…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

民間機の着陸禁止、空路封鎖 帰国の日本人多数足止めか(03/30)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

縫製業などに利率1%で融資、救済策強化(03/30)

商用含むビザの発給停止、在住者は更新可能(03/30)

輸出入関連の申請はオンラインで、貿易局(03/30)

ヤンゴン道路局、車両登録などの手続き停止(03/30)

公務員は半数のみ出勤に、大統領府が通達(03/30)

「銀行の日」で全行が休業、4月1日(03/30)

政労使がコロナ対策協議、工場閉鎖も視野(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン