マンダレー、新たなガス火力発電所が稼働

ミャンマー北中部マンダレー管区で、新たなガス火力発電所が稼働した。発電容量は14万5,000キロワット(kW)。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 BOT(建設・運営・譲渡)方式に基づく同発電所の事業権は、中国企業のパワージェン・チャウセが2018年5月に落札。…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー生産性本部、事業を本格化(17:55)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

中国企業のミャンマー生産移転、電力が障壁(06/25)

全国の自動車販売店、5月時点で120店に(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

今年度の税収、5月までで4兆チャット超(06/25)

ヤンゴン、道路整備と電力供給の予算を拡大(06/25)

昨年10月~4月の対中貿易額、67億米ドル(06/25)

マンダレー管区、雇用創出担当省を創設(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン