• 印刷する

中銀「物価が安定化」、エルニーニョが懸念

フィリピン中央銀行は26日、2019年第1四半期(1~3月)版のインフレ報告書を発表し、今年は消費者物価指数(CPI)が安定的に推移するとの見通しを示した。昨年末からインフレ率が鈍化基調となり、1~3月は4四半期ぶりに政府目標である前年比2~4%に収まった。ただ、エルニーニョ現象が長期化して農業生産などに打撃を与える恐れもあり、来月の金融委員会の政策決定会合の判断材料として注視している。

1~3月のCPI上昇率は平均で前年同期比3.8%となり、昨年10~12月から2.1ポイント低下した。変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアインフレ率は1.0ポイント低下の3.9%となった。

報告書によると、民間銀行26行のインフレ率の予測値は、今年が平均3.3%。20~21年はそれぞれ3.4%となった。

金融委員会に政策を提言する諮問委員会のフランシスコ・ダキラ委員は「物価の上振れ要因と下振れ要因はバランスがとれている状態で、1~3月のデータを見ると現行の金融政策を維持することが適切だ」との見方を示した。

中銀はこれまで想定していなかった要因として、「短期で収束するとみていたエルニーニョ現象が、50%の確率で今年下半期まで続く恐れがある」ことを挙げた。一方、原油価格については、今年は1バレル=65米ドル(約7,300円)を想定しており、仮に同80米ドルまで上昇しても、政府のインフレ率目標を達成できるとの考えを示した。

次回の金融委員会の政策決定会合は5月9日を予定。政策金利は、過去3会合連続で据え置かれている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小腹がすいた昼過ぎ、ず…(11/14)

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

修正案でインフラ強化 優先事業7割、来年半ば着工(11/14)

政府インフラ事業は「惨めな失敗」=野党(11/14)

ウデンナ、シェブロンのガス田権益取得(11/14)

IT・BPM業界、予想成長率を下方修正(11/14)

民間の経済指標予測は改善、財務次官が認識(11/14)

ウデンナ、ウェンディーズの事業権取得(11/14)

電子アイオニクス、20年に1000万ドル投資(11/14)

電子決済のペイマヤ、銀行間送金を可能に(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン