首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始

バングラデシュの首都ダッカ近郊に同国初の日本企業向け経済特別区(SEZ)が整備される。円借款を通じて総販売面積約300ヘクタールを2期に分けて整備する計画で、今年9月から土地造成工事を開始する。2022年上半期(1~6月)の開業が見込まれている。同SEZの運営・テナン…

関連国・地域: インド日本バングラデシュ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本の技術で食農環境を改善 日印協業、農水省がセミナー(01/24)

食品加工業省、カシミールの投資を促進(01/24)

タタ傘下JLR、英国工場で500人削減(01/24)

印企業の海外での単独上場認可へ=情報筋(01/24)

デリーに健康複合施設の計画、200億ルピーで(01/24)

ガス公社、5年間で4500億ルピー投資(01/24)

アダニ、都市ガス整備に10年で900億ルピー(01/24)

テマセクなど2社、再エネ特化の新会社設立(01/24)

スターライト、送電最適化で米社と独占契約(01/24)

インド大使、カラダン輸送路の重要性を強調(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン