• 印刷する

19年の経済成長率6.8%、ADBが予測

アジア開発銀行(ADB)は3日、「アジア経済見通し(ADO)2019年版」の発表に合わせて、18年のベトナム経済の振り返りと19~20年の見通しに関する記者会見をハノイで開いた。19年の国内総生産(GDP)成長率は6.8%と、東南アジア6カ国で最高を維持すると予測。18年9月時点の見通しを据え置いた。

ベトナム経済の見通しについて話すADBのシジウィック・カントリーディレクター(中央)=3日、ハノイ

ベトナム経済の見通しについて話すADBのシジウィック・カントリーディレクター(中央)=3日、ハノイ

18年のベトナムのGDP実質成長率は7.1%で、17年の6.8%を上回り、過去11年で最高を記録。世界経済と貿易の減速を背景に、19年は6.8%、20年は6.7%にやや鈍化すると予測されるが、6%台後半の高水準を維持するとの見通しだ。

ベトナムのカントリーディレクター、エリック・シジウィック氏は、「堅調な輸出や外国直接投資(FDI)の流入、旺盛な内需に支えられ、ベトナム経済は成長を維持する。政府が進める事業環境の改善と投資誘致に向けた改革も経済成長に弾みをつけると見込まれる」とコメント。18年末に発効した環太平洋連携協定(TPP11、CPTPP)と年内の発効が見込まれる欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA、EVFTA)が改革を後押しし、貿易と投資流入の拡大につながるとの見解を示した。

一方で、ベトナムの経済成長には依然としてリスクが残ると指摘。外的要因としてベトナムの主要輸出先であるEUや米国、中国の景気後退、内的要因として国営企業の株式会社化の遅れと、国内企業の大半を占める中小企業がグローバル・バリュー・チェーンに参入できていないことを挙げた。

シジウィック氏は、米中貿易摩擦による影響について、「ベトナムは恩恵を受けると見込まれているが、その恩恵はすぐに生じるものではなく、ベトナムの生産性や競争力などによる」との見方を示した。

消費者物価指数(CPI)の上昇率(インフレ率)については、19年が3.5%、20年が3.8%で、いずれも政府目標の範囲内に収まると予測している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

「ベトビューティー」、HCM市で開幕(08/23)

アシアナ航空がダナン線増便、日韓減便も(08/23)

民間航空局、ビンパールエア設立を支持(08/23)

ベトナム航空、19年の売上高目標を下方修正(08/23)

UOB銀がハノイに支店、北部需要を開拓へ(08/23)

製造業、国際サプライチェーン参加の壁高く(08/23)

〔政治スポットライト〕ベトナム、豪に南シナ海の安保維持要請へ(08/23)

ベトテル、アップルのeSIMをサポート(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン