【ポスト軍政】選挙後に交渉残すEEC開発 高速鉄道は未決着、見直しの声も

タイのプラユット政権が掲げる産業高度化政策「タイランド4.0」で、次世代の産業を誘致する場所として開発が進む東部3県の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」。開発の目玉とされたバンコクなどの3空港を結ぶ高速鉄道や港湾整備など大型インフラ案件は、選挙の結果次第…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「コップンカー」。タイ…(04/24)

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

1~3月の車生産は4%増 国内向け好調、215万台目標へ前進(04/24)

1~3月の車輸出、2%増の30万台(04/24)

豊田通商、ラッピング広告フレアと業務提携(04/24)

広告アクア、選挙特需で増収増益予測(04/24)

最高行政裁が賠償命令、鉄道事業の破棄で(04/24)

タイエアアジア、7月にシアヌークビル便就航(04/24)

セントラル、3空港免税店の入札書類購入(04/24)

発電公団のLNG調達入札、週内に結果発表(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン