• 印刷する

アパレル申洲国際、ナイキ向け工場を着工

中国浙江省寧波市のアパレルメーカー、申洲国際集団は6日、カンボジアの首都プノンペン郊外にあるプノンペン経済特区(SEZ)で米ナイキ向けの新工場に着工した。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

馬建栄会長は、着工式典で「中国の広域経済圏構想『一帯一路』に合わせて、カンボジアへの投資を進めている。今後も投資を拡大し、カンボジアの発展に貢献する」と説明。ナイキのマーク・グリフィー副社長は「申洲国際は当社の製品を3カ国で生産しており、最も重要な委託先の1社だ」と強調した。

申洲国際はカンボジアで2005年からナイキ製品の受託生産を手掛け、同国での投資総額は新工場も含めて1億5,000万米ドル(約167億円)に上る。カンボジアでは3,000人以上がナイキ製品の生産に従事し、欧州を中心に出荷している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

億豊、カンボジアなどで生産能力拡大へ(09/18)

国境に隔離施設の設置計画、労働者入国で(09/17)

アンコール航空、定期便の運航を再開(09/16)

観光業界、お盆休みの旅行活性化に期待(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン