• 印刷する

太陽光・風力発電、補助金依存から脱却へ

中国国家発展改革委員会(発改委)と国家エネルギー局は9日、国の補助金を上乗せせず、石炭火力発電と同水準の価格で電力を買い取る風力発電と太陽光発電のモデルプロジェクトを推進していくよう各地の省級当局に指示した。技術の進歩に伴い風力や太陽光による発電コストが低下していることを踏まえ、補助金に依存するビジネスモデルからの脱却を図る。

各地の資源状況や建設コスト、投資環境などに応じて補助金に頼らない電源開発を進め、条件に恵まれた地域では石炭発電よりも低価格の電力を生産できるビジネスモデルの構築も目指す。発改委と国家エネルギー局は「再生可能エネルギー産業の質の高い発展を促進し、風力発電と太陽光発電の市場競争力を引き上げる」と説明した。

国の補助金を使わない電源に対しては、見返りとして土地の割り当てや電力の買い取り保証などの政策面で優遇する。年間の電源開発総量に対する規制を適用しないことも明確にした。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

華為、ミャンマーのICT人材育成で覚書(18:52)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(19:18)

「小康社会」へ弱点補強、中央財経委(18:08)

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

テイクオフ:今年の上海モーターショ…(04/23)

石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

日中間でETF相互上場へ、金融協力(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

ECと貿易で知財保護強化、政府6部門(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン