• 印刷する

【18年の10大ニュース】レームダック政権の誕生

今年のオーストラリアは、近年特有の与党内の下克上で、政治が再び混乱を極めた年だった。また中国やイスラエル、インドネシアなど外国との問題に悩まされた年でもあった。内にも外にも問題を抱えて新たに就任したモリソン首相は、庶民派だがカリスマ性や戦術性に欠け、来年の総選挙を乗り切るようには見えない。野党労働党に政権を明け渡すまでのレームダック政権の様相を呈している。

経済に目を転じると、政策金利は依然として史上最低水準で、家計消費も不安定であるものの、政府支出や企業投資が堅調で、成長率は来年はプラス3.5%を維持できる見込みだ。ただし、60年ぶりと言われた東部の大干ばつは、今後の農業投資を不安視させるには十分で、環境意識の高まりから、今年は石炭事業がより厳しい目を向けられたのも特徴だった。インド系アダニの炭鉱プロジェクトは来年も波乱が予想される。

一方、ニュージーランドの経済は、最近の企業景況感が低調になるなど停滞気味だったものの、安価な住宅の投資促進策や、移民流入の厳格化、最低賃金の引き上げなどにより、徐々に回復傾向にある。環太平洋連携協定(TPP)が実施されればさらに景気を押し上げるとみられており、来年の成長率はプラス2.8%程度と安定に向かうとみられている。

【オーストラリアの10大ニュース】

【第1位】Morrison!=また下克上で首相斬り

【第2位】Security!=日豪で安保協力深化

【第3位】Population!=2500万人突破、ビザ厳格化

【第4位】Coal!=石炭受難の時代、アダニは始動

【第5位】Drought!=60年来の大干ばつ、東部襲う

【第6位】China!=豪中関係が悪化

【第7位】Ichthys!=INPEXのLNG生産開始

【第8位】Trade!=TPPとFTAが進行

【第9位】Dairy!=キリン、豪の乳業部門を売却へ

【第10位】Japanese!=日系企業の買収、今年も続々

【NZの5大ニュース】

【NZ第1位】Tax!=初の地方燃料税導入で波紋

【NZ第2位】Infrastructure!=インフラブーム

【NZ第3位】Xenophobia!=外国人への販売禁止

【NZ第4位】Trade!=EUとのFTA交渉開始

【NZ第5位】Deficit!=建設フレッチャー大赤字

【豪州番外編】無料プラスチック袋やめました!

【豪州番外編】前代未聞のセックス禁止令って…

【NZ番外編】ファーストベビー誕生!


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(17:15)

豪の民間医療保険、昨年末に1万人弱が解約(17:15)

ニューカッスル港の石炭脱却、州政府が阻害(17:15)

テイクオフ:仕事が休みだったある日…(02/24)

豪2百社の6割、気候変動無策 投資家は対策を要望(02/24)

固定資産絡みの人件費控除、国税局が変更案(02/24)

肺炎で航空会社損失3兆円、アジア直撃(02/24)

豪ドル為替、世界金融危機以来の低水準(02/24)

楽天モバイル、豪通信子会社に5G技術提供(02/24)

三井物産、WA産硫酸カリの5年購入で合意(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン