• 印刷する

中国の喜茶、IONモールに1号店開業

シンガポールでは喜茶の看板メニュー「チーズティー」シリーズなどが販売される(同社提供)

シンガポールでは喜茶の看板メニュー「チーズティー」シリーズなどが販売される(同社提供)

中国・深セン市に本拠を置く茶系飲料チェーンの喜茶(ヘイティー)がシンガポールに進出する。繁華街オーチャードの商業施設ION(アイオン)オーチャードの地下4階で、同国1号店を10日に開業する。

喜茶は2012年の創業で、北京、広州、深セン、香港など17都市・地域で100店舗余りを展開している。同ブランドが中華圏外に進出するのは初めて。

喜茶は泡状にしたチーズをお茶の上に載せる「チーズティー」を生み出したブランドとされ、自社の茶園を持つほか、各地の契約農家から専用の茶葉やチーズを仕入れるなど、原料にこだわっているという。

シンガポールでは、看板メニューである高級ウーロン茶を使用した「キング・フォーン」(5.5Sドル=約456円)や、ジャスミン風味の緑茶「アクア・グリーン」(4.5Sドル)に加え、シンガポール限定のドリアン・アイスクリーム、ソルテッド・エッグヨーク(塩漬け卵黄)アイスクリーム(ともに4.8Sドル)も販売する。

本拠の中国では、1杯のお茶を購入するのに7時間並ぶ人が出るなど人気を博しているという。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン