• 印刷する

中国の喜茶、IONモールに1号店開業

シンガポールでは喜茶の看板メニュー「チーズティー」シリーズなどが販売される(同社提供)

シンガポールでは喜茶の看板メニュー「チーズティー」シリーズなどが販売される(同社提供)

中国・深セン市に本拠を置く茶系飲料チェーンの喜茶(ヘイティー)がシンガポールに進出する。繁華街オーチャードの商業施設ION(アイオン)オーチャードの地下4階で、同国1号店を10日に開業する。

喜茶は2012年の創業で、北京、広州、深セン、香港など17都市・地域で100店舗余りを展開している。同ブランドが中華圏外に進出するのは初めて。

喜茶は泡状にしたチーズをお茶の上に載せる「チーズティー」を生み出したブランドとされ、自社の茶園を持つほか、各地の契約農家から専用の茶葉やチーズを仕入れるなど、原料にこだわっているという。

シンガポールでは、看板メニューである高級ウーロン茶を使用した「キング・フォーン」(5.5Sドル=約456円)や、ジャスミン風味の緑茶「アクア・グリーン」(4.5Sドル)に加え、シンガポール限定のドリアン・アイスクリーム、ソルテッド・エッグヨーク(塩漬け卵黄)アイスクリーム(ともに4.8Sドル)も販売する。

本拠の中国では、1杯のお茶を購入するのに7時間並ぶ人が出るなど人気を博しているという。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

ア太の運用資産残高、地場企業が上位独占(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

4月のインフレ率0.8%、約2年ぶり高水準(05/24)

陸運大手、9月までに自動運転バス商用化(05/24)

金融機関の行動規範強化へ、新グループ設立(05/24)

6月3日から10分延長、証券取引所(05/24)

資源大手メドコ、英オフィールの買収完了(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン