加糖飲料への課税方法見直し、業界団体が要請

フィリピン産業連盟(FPI)は、貿易産業省が検討している砂糖入り飲料への警告ラベル貼付に対し、反対を表明した。「業界を狙い撃ちにしている」と批判するとともに、税制改革法(TRAIN)による砂糖入り飲料への課税方法の見直しも求めた。地元紙ビジネスミラーなどが伝え…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料医療・薬品政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:会社のドライバーが忌引…(07/17)

税制改革法案第3~4弾、今月中に議会提出(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

政府インフラ整備、民間企業が主導的役割(07/17)

5月の海外送金受取、6.9%増の25億ドル(07/17)

フィルヘルスの被保険者、全人口の93%に(07/17)

16日為替:$1=53.530ペソ(↓)(07/17)

グラブの成長速度は比が最低、規制がネック(07/17)

ICTSI、スーダン港運営で優先交渉権(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン