加糖飲料への課税方法見直し、業界団体が要請

フィリピン産業連盟(FPI)は、貿易産業省が検討している砂糖入り飲料への警告ラベル貼付に対し、反対を表明した。「業界を狙い撃ちにしている」と批判するとともに、税制改革法(TRAIN)による砂糖入り飲料への課税方法の見直しも求めた。地元紙ビジネスミラーなどが伝え…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:対面授業ができない異例…(12/01)

外出制限、年末まで延長 首都圏など、Xマスに感染対策(12/01)

ワクチン供給、英アストラゼネカと契約(12/01)

コロナ感染新たに1773人、計43万1630人(12/01)

アロヨ元大統領、クラーク開発の顧問に(12/01)

三井E&S、孫会社の比法人を子会社化(12/01)

運輸省、海運業者の港湾使用料援助(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン