加糖飲料への課税方法見直し、業界団体が要請

フィリピン産業連盟(FPI)は、貿易産業省が検討している砂糖入り飲料への警告ラベル貼付に対し、反対を表明した。「業界を狙い撃ちにしている」と批判するとともに、税制改革法(TRAIN)による砂糖入り飲料への課税方法の見直しも求めた。地元紙ビジネスミラーなどが伝え…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

18年成長率を下方修正、財政悪化など要因(18:11)

再生エネ向け優遇の削減再考を、EDC(18:37)

ヒルトンが10月末に開業、高級需要取り込み(16:56)

テイクオフ:クオリティーはさておき…(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

イートン、マカティで複合開発(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

ADB、21年までに78億米ドルを融資(09/25)

OFW渡航者数、昨年は200万人割れ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン