• 印刷する

テイクオフ:インド北部ヒマチャルプ…

インド北部ヒマチャルプラデシュ州の観光地シムラが深刻な水不足に直面した。水の消費量を減らすため、地元住民が観光客に同地を訪れないよう求める事態にまで発展した。

国内の多くの地域では、水を巡って抗議活動や暴力、時には殺人が起きるなど、水不足が深刻な社会問題となっている。政府系シンクタンクが先月発表した報告書によれば、現時点で6億人が極度の「水ストレス」に直面しており、毎年約20万人が安全な水を確保できずに命を落としている。

同報告書は、デリー、ベンガルール(バンガロール)、チェンナイなどの21都市が2020年までに地下水を使い果たし、1億人に影響が及ぶと警告する。一方で、水需要は30年までに現在の供給能力の2倍になると予測している。今後10年間に政府が有効な対策を講じなければ、国全体が深刻な水不足に見舞われてしまうだろう。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

マヒンドラ、VWからのEV部品提供で提携(05/20)

ステランティス、23年にEV発売へ(05/20)

TVS、電動スクーターの新モデル発売(05/20)

ベダンタ半導体事業、工場の設置協議が難航(05/20)

政府が発電会社に石炭輸入指示、供給削減も(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン