• 印刷する

キャセイの5月旅客数、観光閑散期で微減

香港の航空大手、キャセイパシフィック航空は19日、5月の旅客数が前年同月比0.8%減の282万7,634人(延べ人数、以下同じ)だったと発表した。前月と同じ下げ幅。搭乗率は2.2ポイント下落の82%だった。

貨物の取扱量は8.2%増の17万5,074トンで、伸び幅は前月から1.5ポイント加速した。積載率は2.3ポイント上昇の68.6%となった。数値はいずれも100%子会社のキャセイドラゴン航空(国泰港龍航空、旧香港ドラゴン航空)を含む。

同社は5月の旅客部門について、「観光のオフシーズンに当たり、伸び悩んだ」とコメント。ただ、商用での渡航需要が増えたことと為替変動で旅客収益率は改善した。

貨物部門は、特に中継貨物の増加が積載率を押し上げ、収益率の向上にも貢献した。新しく開設した欧州3路線も順調で、「想定通り」と評価した。

1~5月の旅客数は前年同期比1.4%増の1,455万9,319人だった。搭乗率は0.7ポイント下がり84%。貨物取扱量は7.9%増の85万7,897トンで、積載率は2ポイント上昇の67.8%となった。

■米中対立で貨物業務への影響懸念

キャセイ航空の盧家培(ポール・ロー)最高顧客・商務責任者(CCO)は、米中の貿易をめぐる対立が同社の貨物業務に与える影響について、初めて懸念を表明した。19日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

盧CCOは、「状況を非常に注意深く見守っている。直ちに影響はないが、状況は日々変化している」とコメント。「貿易摩擦は起こってほしくない。貿易戦争は誰の利益にもならない」などと話した。2週間前に同じ質問をされた際には、同社は心配していないと答えていた。

市場競争の激化を受け、キャセイは2016~17年に2年連続の最終赤字を計上した。だが、貨物部門の業績は好調を維持している。キャセイは米国行きの貨物便を1日当たり最大6便運航している。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

豪政府、香港企のAPA買収を正式に却下(16:35)

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(16:57)

飼料製造PP、風力発電事業の新会社設立(13:23)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

世界人材ランク、香港は18位に後退=IMD(11/21)

10月のCPI上昇率2.7%、横ばいに(11/21)

香港でGI山形日本酒商談会、9蔵元がPR(11/21)

Xマス向け「支出増やす」は6割、市民調査(11/21)

中国粉ミルク、豪市場進出で競争激化(11/21)

トイザらス・アジア、来年68店新設へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン