• 印刷する

TPP11署名、マレーシアが最大の恩恵国

米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、8日にチリで署名された環太平洋連携協定(TPP)について、「マレーシアは最大の恩恵を受ける」との認識を示した。TPPを通じた実際の収入に関して効果が高いと指摘する。ニュー・ストレーツ・タイムズが10日伝えた。

TPPはマレーシアや日本など11カ国が署名。各国が国内手続きを加速させると表明したことで、発効が従来想定されていた2019年の早い時期から、18年中に繰り上がる可能性もあるとみられている。ムーディーズは、米ピーターソン研究所(PIIE)の報告書を基に「マレーシアは新たな貿易協定でカナダやペルー、メキシコのような新市場への輸出機会を得て、パーム油やゴム、電気・電子部品部門が活発化する」とみている。

PIIEは昨年10月に発表した報告書で、「30年時点でTPPの下でマレーシアは国として実収入が3%超増え、これは参加国11カ国の中で最も高い伸び率」だと予測している。また、参加国にとっては輸出や収入の増加が「持続的な成長構造の構築を後押しし、与信能力が高まる」としている。

■米離脱で実収入6割減

一方、米国の離脱による、効果の縮小は否めないと述べた。当初、米国が参加していた場合、参加国全体が享受する実収入は4,650億米ドル(約49兆6,000億円)規模と試算されていたが、PIIEは「離脱によって約66%圧縮され、1,570億米ドル規模」と見積もっている。

米国離脱による貿易機会の喪失は、ベトナムが最も影響があるとみられる。このほか、日本やマレーシアなど対米貿易の比重が高い国で相対的に影響が大きいとされる。

TPP11の参加国は次の通り。マレーシア、ブルネイ、シンガポール、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、日本、チリ、メキシコ、ペルー。米国は17年1月に離脱を表明した。


関連国・地域: ベトナムマレーシア日本ASEANカナダ中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近くにホテルが開業…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

国会開幕、焦点は予算案 初日は元副首相の復職話題に(10/16)

9月の新車販売、前年同月比24%減(10/16)

RM=26.8円、$=4.15RM(15日)(10/16)

環ボルネオ高速道、政府は無料化維持(10/16)

低価格住宅は最高30万リンギが妥当=HBA(10/16)

住宅のブミ優遇制度、業界で根強い反発(10/16)

9月のパーム原油生産、前月比14.4%増(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン