• 印刷する

2大モーターショーが起爆剤に=業界団体

ガイキンドのヨハネス会長(右から2人目)は「商用車の販売台数が伸びれば、その効果は乗用車にも波及していく」との見方を示した=6日、ジャカルタ(NNA撮影)

ガイキンドのヨハネス会長(右から2人目)は「商用車の販売台数が伸びれば、その効果は乗用車にも波及していく」との見方を示した=6日、ジャカルタ(NNA撮影)

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)のヨハネス・ナンゴイ会長は6日の記者会見で、ガイキンドがジャカルタ首都圏で主催する二つのモーターショーが、今年の自動車産業振興の起爆剤になると説明した。

ガイキンドは、3月1~4日に商用車に特化したモーターショー「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・コマーシャル・ビークル・エクスポ(GIICOMVEC)2018」、8月2~12日に国内最大のモーターショー「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)2018」を開催する。特にGIICOMVECは商用車に特化した初の企業間取引(BtoB)イベントになる。ヨハネス会長は「2017年の商用車販売台数が、対前年比で45%増となった。石炭などの資源業界が好調なのは経済が好転し始めた証拠で、商用車が伸びれば、その効果は乗用車へも波及していく」と話した。

リズワン副会長は、GIICOMVECへの参加を表明しているメーカーが現在、日系を含む14社と説明。このうち、6社はイベント内で新モデルの発表を行う予定だという。メーカーのほか、タイヤや部品などの関連企業18社もブースを出展する。会場はジャカルタ・コンベンション・センター(JCC)。

GIICOMVECは2年ごとに開催する予定。ただ、ヨハネス会長は「好評であれば変更することもあり得る」と話した。

このほか、今年のGIIASはテーマを「ビヨンド・モビリティー」とすると発表。111社が出展を表明している。乗用車は21ブランド、商用車は7ブランドが参加する。バンテン州南タンゲランのブミ・セルポン・ダマイ(BSD)にある国際展示場「インドネシア・コンベンション・エキシビション(ICE)」で開催される。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:沖縄民謡「安里屋ユンタ…(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

「生きた英語」を子どもに エイゴポップ、アプリで会話学習(09/18)

8月の自動車販売速報値、12%減も年内最多(09/18)

KPK改正法案が可決、反対の声届かず(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

スラバヤ準高速鉄道、24日にもMOU締結か(09/18)

マラン市、交通渋滞解消にLRT建設を計画(09/18)

ボゴール市、脱ミニバスでトラムに移行(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン