【包括税制法案】第9回 どこよりも早いTRAIN解説(その3)

■6.物品税(車) 当初の予想と反し、下院案、上院案と比べ増税率は、緩やかなものとなった。表6を参照されたい。 残念ながら、条文の記載が曖昧で累進課税なのか各カテゴリーで記載されている税率がそのまま課されるのか明らかにされていない。そのため、累進課税であれば全…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の発言…(12/10)

財閥SMの埋立開発が認可 900億ペソ投資、巨大娯楽地区に(12/10)

関電工、地場工事会社に40%出資(12/10)

スービック開発で協力覚書、日比インフラ合同委(12/10)

貿産省、20年に1.5兆ペソの投資予測(12/10)

輸入品の過小申告、関税局が没収も(12/10)

電子業界、税制改革で雇用50%喪失を懸念(12/10)

サンミゲル、MRT7号線の延伸計画(12/10)

マララグ港改修が完了、南ダバオ州(12/10)

マカティ市、ネット賭博への免許付与停止(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン