米抜きTPPが大筋合意 投資環境の改善や関税撤廃に期待

日本とベトナムは11日、米国抜きの環太平洋連携協定(TPP11)の内容について、参加11カ国が大筋合意したと発表した。今回は閣僚級の合意で首脳間合意までには至らず、早期発効に向けては依然として不透明感が残る。一方、ベトナムにとっては投資環境の透明性が増すことや産業の…

関連国・地域: タイベトナムマレーシア日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フン・セン氏の強行策で波紋 ASEAN、外相会議も先送り(01/17)

EV登録料を3年間ゼロに 3月適用、ビンファスト優遇(01/17)

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(01/17)

付加価値税の標準税率、2月から8%に(01/17)

石油資源開発、北部のLNG基地事業に参画(01/17)

新たな水力発電所計画を承認、コントゥム省(01/17)

21年末の発電容量、9.8%増の7662万kW(01/17)

ベトナム航空、ビジネスクラスで機内食再開(01/17)

ベトナム航空、オーストラリア定期便を再開(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン