米抜きTPPが大筋合意 投資環境の改善や関税撤廃に期待

日本とベトナムは11日、米国抜きの環太平洋連携協定(TPP11)の内容について、参加11カ国が大筋合意したと発表した。今回は閣僚級の合意で首脳間合意までには至らず、早期発効に向けては依然として不透明感が残る…

関連国・地域: タイベトナムマレーシア日本米国
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

IT業界に差別化の必要性 高付加価値化が事業存続の鍵に(11/24)

【アジア三面記事】俺の王国(11/24)

7~9人乗り自動車、燃費証票を貼付義務化(11/24)

VNポストなど3社、ロジスティクスで提携(11/24)

グラブ、1~10月に1400億ドン納税(11/24)

南北高速道、20年までの建設計画が承認(11/24)

グラブ、料理宅配など新サービスを導入へ(11/24)

洗濯機セーフガード、韓越の共同対応を検討(11/24)

ハイテク農業向け融資、実行額は3分の1(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン