• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『カレーライス進化論』

■『カレーライス進化論』

水野仁輔 イースト・プレス

2017年5月発行 840円+税

───────────────

日本のカレーはおいしいなあ!

1990年代前半、北京の大学に留学していたころ、各国の留学生たちと一緒にカレーパーティーを開いたことがある。市場で調達した鶏肉や野菜などの食材を「多国籍軍」メンバーが鍋に放り込む。肝心のカレールウは日本人留学生の実家から送られてきたものを煮込む。やはり鍋で炊いたコメを皿の半分に、もう半分にカレーを盛る。いただきます、と食べ始め、冒頭のせりふがみんなの口々からこぼれた。インド式に素手で食したこともおいしさを増幅させただろうが、何といっても決め手は日本のカレールウだ。

本書によれば、インドで生まれたカレーは英国経由で約150年前に日本に入ってきた。それが独自の進化を遂げ、日本の大手カレーチェーン店は上海やニューヨークで人気。アジア各地でも受けている。北京の留学生寮でも好評だった。

日本のカレーの作り方は◇玉ねぎをアメ色になるまで炒める◇ブイヨンをひく◇長時間かけて煮込む◇スパイス30~40種をブレンドする◇カレー粉と小麦粉をオーブンで焼く◇隠し味を駆使する◇ひと晩、寝かせる——という。日本企業のモノづくりにも通じる細かさではなかろうか。

日本式カレーはアジア各国にいる駐在員の心の支えになっている、というのは言い過ぎかもしれないが、(宗教的禁忌を除き)少なくともどこの国の友人とも安心して食べられるジャパニーズ・ソウルフードとは言えるだろう。日本のカレーを知ることができる良著だ。

───────────────

ハウスは「中国でカレーを人民食へ」をモットーにしている。(本書より)

───────────────

<目次 のぞき見>

・日本のカレー、世界へ

・成長著しい上海で生き残るには

・中国版バーモントカレーの戦略

・インドからイギリス、日本へ

・カレー粉、カレールウの誕生

───────────────

<著者紹介>

水野仁輔(みずの・じんすけ)

スパイスとカレーの専門家。日本各地のイベントでライブクッキングを行い、「カレーの学校」の講師などを務める。『カレーの教科書』(NHK出版)など、カレー関連の著書は40冊を超える。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年6月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

20年は史上最も暑い年に、世界平均気温(01/15)

マック30年でロシア極東に、ウラジオストク1号店(08:33)

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

ジェトロ、貿産省に抗議へ 制限令下で自動車製造停止などに(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

テイクオフ:父が他界した後、実家の…(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン