• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『文明の十字路=中央アジアの歴史』

『文明の十字路=中央アジアの歴史』

岩村忍 講談社

2007年2月発行 1,080円+税

われわれの身近なところにも、中央アジアは生きている。(本書より)

───────────────

アジアの中でも日本人になじみの薄い中央アジア。本書では、中国の新疆ウイグル自治区とカザフスタン、ウズベキスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンを含み、古くはトルキスタン(トルコ人の国)という名称で呼ばれた地域を、地理的に中央アジアと定義している。その中央にはパミール高原地帯や天山山脈が横たわっているが、どこも世界で海洋から最も遠く離れ、降水量が極めて少なく、砂漠や草原で覆われている。

著者によると、歴史の立場から中央アジアという地域を精密に定義することはできない。なぜならば、「人間の行動の範囲はつねに拡大したり、収縮したりするもの」だからだ。そして本書では中央アジアの歴史として、東は中国、南はインド、西はギリシャ、北はロシアに及ぶ広い地域で起きた民族の物語を描いている。

冒頭では、ゴマやキュウリ、ズボンなど我々になじみ深い物にも中央アジアを経由地または発祥地としたものとして紹介されている。本書を読むと、中央アジアとはまさに洋の東西を結ぶ世界の「中央」であるのだと実感させられる。原著は1977年と古いが、入門書として読むのに申し分ない。

────────────────

<目次 のぞき見>

・農耕・遊牧両社会の抗争と共存

・文字と遊牧民

・中央アジアのイスラム化

・最後のアジア的暴君

・中央アジアの開発計画

───────────────

<著者紹介>

岩村忍(いわむら・しのぶ)

1905年生まれ。29年オタワ大学社会学科卒。京都大学人文科学研究所教授、同大学東南アジア研究センター初代所長を歴任。専門は、遊牧民族史・東西交渉史。著書に、『元朝秘史─チンギス・ハン実録』『暗殺者教国』など。88年没。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年5月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

テイクオフ:新型コロナにより中国か…(01/20)

3道県が日本酒の拡販狙う 域内最大市場、試飲企画で(01/20)

日系昇給率、21年は横ばい コロナ警戒続く、NNA調査(01/20)

鹿島の高炉再稼働、自動車需要の回復で=日鉄(01/20)

グリーン戦略の不備指摘、再エネ目標で英大使館(01/20)

鹿島傘下アイコン、メルボで新オフィス開発(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン