• 印刷する

【アジアに行くならこれを読め!】『世界でトヨタを売ってきた。』

『世界でトヨタを売ってきた。』

岡部聰 開拓社

2016年8月発行 1,500円+税

───────────────

青年のころ「チベットに行きたい」と強く思った著者。トヨタの海外事業に職を得て、新興国を中心に世界75カ国・地域で「道を創る仕事(パイオニアワーク)」を40年続けてきた。その一覧を見ると、ある、ある、ある、おなじみのアジアの国・地域が。

アジアは法制度が未整備、インフラ事情も芳しくない。さらに政治的要素などさまざまなリスクがあり、著者が仕事を始めた1970年代には今よりもさらに「とんでもない」状況であったろうことは想像に難くない。だが著者は「経済活動の山谷をリスクという概念で捉えるのではなく、成長過程のプロセスと捉えられるかどうかが、新興国ビジネスの成否を分ける。市場規模が拡大していく中で多様な変化があることは、多彩な新規ビジネスのチャンスにあふれている」と言う。ピンチはチャンスなり。

環境の変化の激しい新興国ではときどきの変化に一喜一憂せず、市場の底流を探ることが重要─など、アジアの国・地域で奮闘中のビジネスパーソンにヒントとなりそうな言葉は多い。

───────────────

将来に向け成長気運の強い新興国ほど、夢を強く抱いている(本書より)

───────────────

<目次 のぞき見>

悪路と難所だらけの新興国を中心とした海外事業展開

新興国ビジネスの成否は現地パートナーで決まる!

新興国ビジネスの現場から学んだ12のポイント

パイオニアワークの原点は、ヒマラヤにあった

パイオニアワークの扉を開く方法

───────────────

<筆者紹介>

岡部聰(おかべ・あきら)

1947年東京生まれ。66年東京工業大学工学部入学。70年に東工大ヒマラヤ遠征隊でネパール・ヒマラヤ試登、現地山村で簡易水道と無動力ロープウエーを建設。71年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)に入社し、海外市場調査を担当。一貫して新興国事業に携わる。2012年に取締役退任、エグゼクティブアドバイザーに就任。

※特集「アジアに行くならこれを読め!」は、「NNAカンパサール」2017年4月号<https://www.nna.jp/nnakanpasar>から転載しています。


関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下でシェア事業の需要増 カークラブ、人との接触回避で(01/22)

日産、3月で現地生産終了 世界的な体制見直し、販売は継続(01/22)

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

2020年はホンダブリオが首位 モデル別販売、キャリイも上昇(01/22)

日産、3月で現地生産終了(01/22)

島津製作所、PCR検出試薬キットを販売(01/22)

ヘッジファンドの米エリオット、香港撤退へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン