• 印刷する

石油精製の運営入札、日系含む4社応札

ミャンマー政府が行ったヤンゴン近郊にある石油精製施設の運営業者を選定する入札に、日系を含む4社が応札した。現地紙ミッジマが伝えた。

このプロジェクトは、エネルギー省傘下のミャンマー石油ガス公社(MOGE)が、ヤンゴン南部のタンリン郡区に所有する石油精製設備の運営を、MOGEと民間企業との合弁事業体に移管するもの。精油所は1日2万バレルの処理能力を持つが、老朽化が進んで政府の運営ノウハウも乏しいため、運営継続には民間企業の支援が必要になっている。

応札したのは出光興産、タイ国営石油PTT、スイスの石油取引大手ピューマ・エナジーなど4社。エネルギー省が14日に発表した。プロジェクトへの参画に特に熱心なのはPTTで、既存設備を改修するだけでなく、1日15万バレル規模の製油所を建設する計画を明らかにしている。

エネルギー省は7月に入札を行うと発表。合わせて20の外資系石油精製会社が応札書類を購入していた。ミャンマーの石油製品の消費量は現在1日7万バレル程度にとどまるが、経済発展の加速に伴い、今後は需要が急伸するとみられている。


関連国・地域: タイミャンマー日本欧州
関連業種: 天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

5月衣料輸出、6割超の伸び 5カ月連続成長、外出需要回復で(08/11)

観光ビザの取得要件、外務省が発表(08/11)

為替両替レート幅、基準の上下0.3%に制限(08/11)

外貨規制緩和に長期的な効果なし=専門家(08/11)

燃油不足が深刻化、価格も高騰(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

日本から輸入の中古自転車、人気で価格急伸(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン