• 印刷する

13年度下期は日本が最大、ミャンマー支援額

2013年度下期(13年9~14年3月)にミャンマーへの支援額が大きかったのは日本だったことが、10日付の国営紙ニュー・ライト・オブ・ミャンマーの報道で分かった。

日本の支援額は1億9,904万米ドル(約202億円)だった。ミャンマー中銀の基幹業務向けITシステム開発やヤンゴン総合病院向け医療機器、西部ラカイン州での道路・橋りょうの建設・補修など、日本の支援は広範な領域に及んだ。

2位は各国の非政府組織(NGO)の合計1,660万米ドルで、自然災害対策、地方開発などに投じられた。3位は韓国で森林管理の強化に430万米ドル、4位はニュージーランドで乳製品産業の開発に425万米ドルがそれぞれ投資された。

5位以下はイタリアの190万米ドル、中国の160万米ドル、アジア開発銀行(ADB)の85万米ドル、タイの6万米ドルなどとなった。

昨年度下期の支援額ランキングは、国家計画・経済開発省のレイ・レイ・テイン副大臣が9日、連邦議会の答弁で説明した。


関連国・地域: 中国韓国タイミャンマーニュージーランド日本欧州
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(16:50)

食材高騰で屋台値上げ、低所得層に打撃(15:58)

コメ価格急騰、市民生活を直撃(18:30)

トウモロコシ価格、900チャット台に反発(15:56)

17日の感染者54人、新たに死者確認(17:51)

6月も好調維持、対日輸出 主要品目が軒並み好調(08/18)

燃油不足が産業界に影響深刻、操業停止にも(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン