ラオス ニュース

条件を追加する
すべての文頭を開く

感染241人、首都ワクチン接種4割(07/30)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が29日に発表した新規感染者は241人だった。累計では5,675人にな…

続きを読む

J&J製ワクチン、8月2日から接種開始(07/30)

ラオス保健省は、先ごろ到着した米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイル…

続きを読む

【ラオス経済通信】世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 第163回(07/30)

8月に正式オープンするカセムラート・インターナショナル・ホスピタル・ビエンチャン外観(筆者提供)
■世界最大級の水上太陽光発電所を建設へ 7月12日、フランス電力(EDF)は、中部カムアン県ナカイ郡の…

続きを読む

国境貿易、1~6月は30%増の2.7兆円(07/30)

タイの商務省は29日、今年1~6月の国境貿易額が前年同期比30.2%増の8,000億バーツ(約2兆6,700億円)だ…

続きを読む

中老鉄路の開通準備、月例閣議で促進指示(07/29)

ラオス政府は26~27日の月例閣議で、首都ビエンチャンと中国国境を結ぶ「ラオス・中国鉄道(中老鉄路)」の…

続きを読む

新型コロナ感染280人、過去最多に(07/29)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が28日に発表した新規感染者は280人となり、過去最多を記録した。…

続きを読む

セコンなど3県、29日まで一部ロックダウン(07/28)

ラオス南部セコン県、アタプー県、中南部サワンナケート県で23~29日、新型コロナウイルスの感染を防止する…

続きを読む

新たに169人感染、死亡6人目も(07/28)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が27日に発表した新規感染者は169人で、累計で5,154人になった。…

続きを読む

【新ラオス法】第30回・投資奨励法の明確化について(07/28)

■1.背景 現行の投資奨励法は、2017年4月に改正されています。その中で、投資が優遇される分野および地…

続きを読む

対ラオス貿易、上半期は輸出入とも2桁増(07/28)

在ラオスのベトナム貿易局によると、今年上半期(1~6月)の両国間貿易額は前年同期比36.5%増の6億7,10…

続きを読む

23~26日の感染866人、累計4985人(07/27)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が23~26日に発表した新規感染者は合わせて866人だった。累計で4…

続きを読む

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

(図表1:社会保障協定発効状況)
第276回 川上さん:みらいさん、こんにちは。弊社の社員がオーストラリアにある現地法人へ弊社に在籍のまま…

続きを読む

J&J製ワクチン、間もなく接種開始へ(07/26)

ラオスはこのほど、世界保健機関(WHO)が主導する世界的な新型コロナワクチン配分計画「COVAX(コ…

続きを読む

22日は256人、新型コロナ感染(07/23)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が22日に発表した新規感染者は256人で、累計で4,119人になった。…

続きを読む

21日は153人、新型コロナ感染(07/22)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が21日に発表した新規感染者は153人だった。累計では3,863人にな…

続きを読む

制限再び、狂う回復シナリオ 東南ア、コロナ急拡大(下)(07/22)

厳しい行動制限が敷かれたホーチミン市。食料品の供給への不安から市民がスーパーの前に行列を作った(提供写真)
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、東南アジアで行動制限を再び強化する動きが相次いでいる。域内各国…

続きを読む

1日当たりで最多、感染者170人に(07/21)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が20日に発表した新規感染者は170人となり、1日あたりで過去最多…

続きを読む

医療危機、邦人に高まる不安 東南ア、コロナ急拡大(上)(07/21)

東南アジアで新型コロナウイルスによる死者が急増している。域内10カ国では7月に2万2,000人を超え、前月を…

続きを読む

日本政府、人材育成支援に3.3億円供与(07/20)

日本政府は、ラオスでの人材育成支援活動に対し、約300万米ドル(約3億3,000万円)の無償資金協力を実施す…

続きを読む

4日間で感染448人、都市封鎖延長(07/20)

ラオス政府の新型コロナウイルス対策委員会が16~19日に発表した新規感染者は合わせて448人だった。累計で3…

続きを読む

農業の連携強化で合意、東南アジア各国と農水省(07/20)

【共同】農林水産省は19日、フィリピンやベトナムなど東南アジア各国と、持続可能な農業生産や食料供給体制…

続きを読む

すべての文頭を開く
さらに表示

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン