NNA ASIA

【アジア取材ノート】コロナ禍に魚とコメを物々交換 タイ社会「共助の力」

タイで新型コロナウイルス感染症の流行第1波が発生してから1年。政府は非常事態宣言を発令し、ロックダウン(都市封鎖)を含めて強権的な対策を講じた。市民や地域社会、企業は経済的に苦しむ人を支えるため、工夫した食料の物々交換や分け合いなどを実施。人々の共助の力により危機を乗り切ろうという機運が高まっている。(NNA編集局編集委員 京正裕之)

関連記事