NNA ASIA

【食とインバウンド】 代替するのは肉だけではない

第16回 日本でも植物性食品が続々と発売されています。例えば、ファストフードでは植物性肉のパティを使ったハンバーガー、コンビニエンスストアでは肉まんやカレーパン、レストランではミートボールやパスタなどで、その多くは肉を代替する大豆ミートが使われています。そのためか、日本では植物性食品=代替肉=大豆ミートといったイメージが定着しつつあります。ところが海外では、だいぶ状況が異なっていて、乳にバターに卵まで登場しています。そこで今月は、世界最大の植物性食品市場である米国の現状を考察します。

関連記事