【第1位】カジノ開発を承認、大型開発の本命に

2005年は、大きな時代の流れを感じさせる出来事が相次いだ。カジノの承認は、シンガポールの規制国家というイメージに風穴をあけた。国の象徴の1つ、ラッフルズ・ホテルは米投資企業に買われた。急成長する中国をめぐっては、政府系投資会社が国有2銀行に大型出資を決める一方、中…

関連国・地域: マレーシアシンガポール米国
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでも、新型…(02/20)

ネットワーク化で需要先取り 宇宙ベンチャーの挑戦(下)(02/20)

新車販売不振、首位は5年ぶりベンツ(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

東南アジア1月の訪日客、3割増で過去最高(02/20)

ジョ州の大規模石化施設、23年に商業生産へ(02/20)

累計84人、新たに3人(19日正午)(02/20)

配車グラブに出資、三菱UFJが800億円(02/20)

金庫資本、配車グラブに3千万ドル出資(02/20)

中国との航空便、8割以上が欠航=運輸省(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン