【ASEAN統合】 建設、シェア以上の存在感:シンガポールの国土・象徴築く

【第12回】日本の建設会社がアジアに注目している。海外事業拡大を目指す上で、アジアの中で先行して発展したシンガポールは今や最大市場となっており、日系はシェア以上の存在感を見せている。だが利益を上げるのが難しい国でもある。各社は、高い経済成長を遂げながら発展を続け…

関連国・地域: タイマレーシアシンガポールインドネシア日本ASEAN米国中南米欧州
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ(19:36)

複合セムコープ、インド新州都での開発中止(19:36)

隣国に水価格の改定要請、ジョ州水不足で(18:52)

テイクオフ:シンガポール政府が電動…(11/13)

エコシステム構築の動き加速 フィンテック、基盤・決済統合で(11/13)

米グーグルの決済サービス、大手2銀と連携(11/13)

フランス中銀、来年初めにアジア拠点開設(11/13)

政府とマイクロソフト、5G開発促進で提携(11/13)

9月小売業売上高、8カ月連続マイナス成長(11/13)

10月の新規車両登録23%減、下げ幅拡大(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン