• 印刷する

韓国富栄、プノンペンの複合開発着工へ

韓国の不動産開発大手、富栄(プヨン)は月内にも、カンボジアの首都プノンペンのロシア通り沿いで計画している複合開発「富栄タウン」に本格的に着工する。高棉日報(電子版)などが伝えた。

建設地は、プノンペン国際空港から市内に向かう途中のプラムピー・マカラ(1月7日)立体交差付近にあり、敷地面積は23万6,022平方メートル。当初計画によると、地下4階、地上18階建ての住宅・商業施設複合ビルのほか、マンション47棟を建設する。住宅戸数は最終的に約1万7,000戸となる。

富栄タウンは2004年に計画が浮上したが、08年の金融危機で着工が先送りされた経緯がある。富栄は最近、本格着工に向け整地などを進めてきた。

プノンペン市内では、モニボン通り沿いで建設が中断している高層ビル「ゴールドタワー42」も、今年6月に工事が再開される見通しだ。

ゴールドタワー42も、韓国の不動産開発業者、ヨンウと大韓土地信託が建設を進めているもの。業者側はこのほど、プノンペン市国土計画・建設局に工事再開の方針を伝えたもようだ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

1~7月の航空便利用者、6倍増の90万人超(08/12)

国内初の信用格付け会社、営業免許を取得(08/12)

新型コロナ、10日は36人の感染確認(08/12)

政治危機に「懸念」、ARF議長声明(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン