【地方経済特集】工業団地の新規開発進む:懸念材料は地価上昇

インドネシアの中ジャワ州で拡大する投資企業の受け皿として、州都であるスマラン市の近郊地域で新規工業団地の造成が進んでいる。既存の物件がほぼ満杯になりつつあるためで、そこに商機をみる外資系企業も開発に乗り出した。懸念材料は、地価の上昇。開発事業者による用地買収の…

関連国・地域: 中国シンガポールインドネシア欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(21:43)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン