【北短信】食糧施設を次々視察

金正日総書記が10月から先月にかけ、平壌小麦粉加工工場や食堂のヒャンマンル、竜淵海辺養魚事業所など食糧関連の施設を相次いで現地指導(視察)している。 背景には、金総書記が「住民たちに白米や小麦粉製のパンなどをお腹いっぱい食べさせたい」と話し、食糧問題に取り組む姿勢…

関連国・地域: 中国韓国北朝鮮ロシア
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独メルク、平沢に半導体素材センター開設(17:38)

脱北者もコロナで急減、4~6月は12人(17:06)

テイクオフ:韓国で1日から自動車の…(07/02)

輸出が3カ月連続2桁減 半導体は横ばい、改善の兆し(07/02)

新型コロナ感染者、51人増の1万2850人(07/02)

ソウル市、外国人にも緊急支援金給付か(07/02)

金輸出が停止状態、LC決済に嫌気で(07/02)

6月企業景況感は56、コロナ不振から改善(07/02)

韓国デウォン、ハノイ韓国人学校の増築受注(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン