【北短信】食糧施設を次々視察

金正日総書記が10月から先月にかけ、平壌小麦粉加工工場や食堂のヒャンマンル、竜淵海辺養魚事業所など食糧関連の施設を相次いで現地指導(視察)している。 背景には、金総書記が「住民たちに白米や小麦粉製のパンなどをお腹いっぱい食べさせたい」と話し、食糧問題に取り組む姿勢…

関連国・地域: 中国韓国北朝鮮ロシア
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、3日連続で100人以下(12:49)

LSエレク、タイで鉄道信号事業を受注(17:01)

機械研と斗山、マシニングセンターを国産化(17:01)

サムスンバイオ、英製薬大手と長期受託契約(17:01)

テイクオフ:京畿道にある世景高等学…(09/22)

マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注(09/22)

「K防疫」の輸出拡大続く マスク部分解禁、検出試薬も成長(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

現代自が新工場、5年後に年産17万台体制に(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン