【ASEAN経済共同体】政府頼らず独自策と総合力を:元投資計画省アドバイザー 市川IBCベトナム社長に聞く

ベトナム政府は14年夏、自動車産業発展戦略を打ち出したが、具体的な行動計画(アクションプラン)が依然出てこない。政府は本気で育成の意図があるのか、完成車メーカー各社は現地生産を残すのか。「政府に頼らず独自策を立てること、総合力の発揮を」。政府と産業界の両方に通じ…

関連国・地域: タイベトナムカンボジアラオスオーストラリア日本ASEAN米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「このピンクのミニスカ…(08/16)

主要上場、上期は増益が17社 堅調も2Qは勢いにかげり=決算(08/16)

ホンダ二輪販売、7月は3%減の21万台(08/16)

コールドチェーンのABA、600万ドル調達(08/16)

バンブー航空、2Q益は前期比3倍に(08/16)

配車アプリ政令案、表示灯に代え文字表示(08/16)

東元の2Q純益が5年来最高、モーター好調(08/16)

ベトナム航空とデルタ航空、相互提携を締結(08/16)

EVN電源9案件、首相が迅速な手続き指示(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン