• 印刷する

TAS州林業、日本の需要縮小で窮地に

タスマニア(TAS)州の林業が、ウッドチップの主要輸出先である日本市場の需要縮小で直撃を受けている。不振の背景には、日本市場の景気悪化のほか、原生林の伐採を敬遠する流れもあるようだ。

TAS州のルウェリン資源・エネルギー相は11日、アジア市場に80万トンのウッドチップを新たに輸出するとの交渉で原則合意したと発表した。同相は、「仕事を失った林業の契約労働者が、数週間以内に再び働けるようになることを期待する」と述べ、近く正式な輸出契約が締結される見通しを明らかにした。

輸出先は公表していないが、同相は先ほど訪日してトップセールスを行っており、交渉相手は日本企業と見られる。同州産ウッドチップの対日輸出縮小の理由として、同相は日本の景気悪化のほか「林業に反対する勢力による誤った情報」を挙げ、環境保護団体の動きに釘を刺した。

また、同州林業の不振の背景について在豪日本企業の関係者は、日本の不景気のほかに、部分的には持続可能な植林による木材・木材製品へ需要が移行していることも影響しているとの見方を容認した。4日付シドニー・モーニング・ヘラルドは、「日本の製紙企業が原生林由来のウッドチップを拒否する傾向が強まっているため、ウッドチップがTAS州の港に山積みになっている」と報じていた。

豪農業資源経済局(ABARE)によると、日本は豪産ウッドチップ輸出量の約83%(08/09年度通年)を占める巨大市場。しかし、2008年9月四半期に153万9,300トンあった対日輸出量は、景気悪化に伴い、09年6月四半期には83万9,800トンと半分近くまで急減した。【2月19日付NNA豪州農業ニュースより】


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 農林・水産運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪企業、今年の給与予算20%増を想定=調査(18:11)

政府コンサル契約、5社の延長だけで1日百万$(18:11)

テイクオフ:オーストラリア・ゴール…(08/18)

豪の2Q賃金、2.6%上昇 14年3Q以来最大の伸び(08/18)

サウス32の炭鉱労働者、16%昇給要求(08/18)

豪準備銀、利上げ継続もペース減速を示唆(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン