• 印刷する

テイクオフ:ボニファシオ記念日で3…

ボニファシオ記念日で3連休となった先週末、給料日直後ということもあり、街はいつもに増して活気に満ちていた。長時間待った揚げ句、やっとのことでつかまえたタクシー。感じの良さそうな運転手に一安心し、自宅へと向かった。

しかし、途中で友人が下車し、車内に1人になった途端に運転手の態度が急変。ミラー越しにこちらを見つめ、追加料金を請求してきた。理由を問うと、「クリスマスが近いから」と言う。罪悪感からか無理強いはしてこなかったが、暗い車内でミラー越しに向けられる視線に恐怖を感じ、メーター料金よりもやや多めに払い、急いで下車した。

1年で最も活気を帯びるクリスマスシーズン。ただ、お金ほしさに悪事を働く人が増える時期でもある。街に出て華やかな雰囲気を楽しみたいところだが、おとなしくしていた方が身の安全のためには良いのかもしれない。(香)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン