• 印刷する

HTCの10月売上高61%減、今年2番目の低さ

スマートフォン世界大手、宏達国際電子(HTC)の10月連結売上高は前年同月比61.0%減の172億1,400万台湾元(約471億円)だった。前月比では18.6%の減少で、単月ベースでは1月の166億1,500万元に続く、今年2番目の低さとなった。

7日付蘋果日報などが伝えた。「One」シリーズの販売低迷に加えて新機種の発売の遅れが響き、売上高は市場の予測を下回った。1~10月の売上高は累計2,462億2,100万元で、前年同期比39.7%減少した。

張嘉臨財務長は先に開いた第3四半期の業績説明会で「新機種の発売が11月中旬以降に集中しているため、10月の業績は9月を下回る」と予測していた。第4四半期の売上高目標は前期比で14.5%減の600億元。新機種の販促費用がかさむため、営業利益率は1%にとどまるとみている。

11月には米マイクロソフトのスマホ向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン8(WP8)」を搭載した機種などを相次ぎ発売する予定。日本市場ではKDDIと共同開発した「HTCJ」の後継機種となる、5インチディスプレー搭載の「HTCJバタフライ」を発売する。証券関係者は「新機種の投入で売上高は上昇に転じる。11月には200億元台まで回復する」と予測している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「外には出られるの?」…(08/10)

電子部品に圧力、恐れ小さい 財政部幹部「中台が相互に依存」(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

空海封鎖重点に演習継続=中国軍、台湾へ圧力(08/10)

台湾、国際社会に協力要望=拡張主義に危機感(08/10)

米大統領、演習継続を懸念=海軍が台湾海峡へ(08/10)

海自、ソロモンと初訓練=中国けん制、米も参加(08/10)

南電、ABF基板工場拡張部分が3Q量産へ(08/10)

新北市が瑞芳に介護施設、仁宝などと提携(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン