• 印刷する

ジャスコ黄島SC、24日に全面再開=イオン

イオンは14日、反日デモによる被害を受けた山東省青島市の店舗「ジャスコ黄島ショッピングセンター(ジャスコ黄島SC、佳世客黄島購物中心)」の営業を今月24日に全面再開すると発表した。

9月15日に発生したデモでは、一部暴徒化した参加者がガラスを割って店内に侵入し、器物や設備を破壊、商品を略奪するなどした。被害総額は約7億円だが、大半は保険で賄われた。10月1日に大半のモール部分、10月4日には食品売り場の一部を除いてそれぞれ営業を再開していた。同社は「地域の顧客から早期の営業再開を待ち望む声が数多く寄せられていた」という。

ジャスコ黄島SCの開業は2005年12月末で、総合スーパー(GMS)の「ジャスコ黄島店」を核に、アパレルや雑貨など専門店63店が入居するモール型ショッピングセンター。

イオンは10月25日、青島市に新たな食品スーパー「青島イオン百麗広場店」を開業。これまでと変わらず中国事業を推進するとして、計画通りの出店に踏み切っている。<山東>


関連国・地域: 中国-山東日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕コーセルなど(08/11)

テイクオフ:カツ、カツ、カツ、カツ…(08/11)

首都の環状3号線、9月完工の見通し(08/11)

クリーンエネ投資に40兆元 脱炭素転換の融資も巨額に(08/11)

気候変動対策、地方政府の発表相次ぐ(08/11)

原発の発電比率、35年に2倍の10%へ(08/11)

中国勢のスマホ販売制限、地場企業に恩恵(08/11)

7月のCPIは2.7%上昇、高水準続く(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン