土地利用期間選べる住宅開発、23社が応札

民間住宅建設地の利用期間を開発業者が選択する初の入札で、23社が応札した。高齢者向けの需要を見込んだ事業となる可能性が高く、業界は入札結果を受けて潜在性が高いと判断している。ビジネス・タイムズが伝えた。 都市再開発庁(URA)によると、北西部アッパー・ブキティマの…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…(08/20)

東南アでテクノロジー投資活発 中国からシフト、上期は過去最多(08/20)

シェルが給油所でEV充電設備、東南アジア初(08/20)

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(08/20)

データセンター競争力、世界3位=C&W調査(08/20)

首都にスマートシティー、シンガ企業が計画(08/20)

AIアントワークス、文書管理の指南書提供(08/20)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(08/20)

就学前・高等教育の支援強化、次年度から(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン