• 印刷する

韓国コスメ購入なら明洞へ、店舗数が急増

外国人が多数訪れるソウルの繁華街・明洞で、化粧品ブランドの店舗数が急増している。ソウル経済新聞などが伝えた。

化粧品業界によると、同エリアで化粧品を販売する店舗は、ドラッグストアを含め26ブランドの81店に上る。2008年の21店からほぼ4倍に増えた。以前は日本人観光客が人気商品に集まる傾向が強かったが、最近は中国人観光客が大量購入するケースが多い。これら化粧品ブランドの製品は手ごろな価格ながら、ほかの業種の店舗を押しのけるように次々出店。明洞に昔からある建物や、公示地価が韓国で最も高い場所も獲得した。

ブランド別には「ネイチャーリパブリック」の店舗数が8店と最も多く、月平均の売上高は30億~35億ウォン(2億1,100万~2億4,700万円)と推定される。「イッツスキン」(月売上高推定20億ウォン以上)と「ミシャ」「エチュード」(以上、30億ウォン)「トニーモリー」(25億ウォン)は各6店、「イニスフリー」(25億ウォン)と「アリタウム」は5店ある。各ブランドの明洞エリアでの年間売上高は、ある程度の中小企業の売上高より多いという。

明洞での化粧品店舗の急増は、美容で定評のある韓国の化粧品が価格の割に高品質と認められ、韓国観光でも大きな役割を果たしていることを示すものといえそうだ。


関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: その他製造小売り・卸売りサービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン