• 印刷する

中国新車販売がマイナス、反日デモの影響も

中国汽車工業協会は10日、9月の全国新車販売台数は161万7,400台となり、昨年同月比1.8%減少したと発表した。昨年同月比割れとなるのは春節(旧正月)を含んだ1月以来8カ月ぶり。反日デモで日系メーカーの販売が大きく落ち込んだことなどが影響した。

このうち乗用車の販売台数は0.3%減の131万5,600台、商用車は7.6%減の30万1,800台だった。乗用車のセグメント別販売台数は◇セダン:0.2%減の92万8,800台◇多目的車(MPV):13.1%減の4万1,700台◇スポーツタイプ多目的車(SUV):17.7%増の17万1,400台◇クロスオーバー車(CUV):11.2%減の17万3,700台――となり、好調が続くSUV以外すべてで減少となった。

1~9月の新車販売台数は昨年同期比3.4%増の1,409万2,300台で、伸び幅は1~8月と比べ0.7ポイント下回った。

<全国>


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、5カ月ぶり増加(11:33)

4カ国から入国禁止、日本は対象外(12:54)

4Qの住宅市況落ち込みへ 直近も伸び悩み、各社苦境(09/17)

車載半導体不足は10月に改善、業界団体(09/17)

豪、米英支援で原潜導入へ 新安保枠組み、NZは不参加(09/17)

つながる車の通信安全強化、工情省(09/17)

MGモーター、米フォードの工場に関心(09/17)

本籍地以外での保険加入を支援、常務会議(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン