• 印刷する

バナナ業界団体、中国大使に支援要請

フィリピンのバナナ業界が中国によるフィリピン産バナナの検疫強化によって苦境に陥っている問題で、フィリピン・バナナ生産者輸出業者協会(PBGEA)のアンティグ専務理事が馬克卿駐フィリピン中国大使に書簡を送り、規制緩和に向けた助力を要請したことが分かった。23日付マニラタイムズなどが伝えた。

中国政府は3月、南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)をめぐるフィリピンとの領有権争いが激化したことを受けて、フィリピン産のバナナ、パパイヤ、パイナップルへの検疫を強化し、事実上の輸入制限を発動した。

アンティグ専務理事は書簡で、同措置によって過去6カ月間で中国へのバナナ輸出が40%程度減少し、業界が約7,200万米ドル(約57億5,000万円)の損失を被ったと窮状を訴え、問題解決に向けた馬大使の支援を要請した。消息筋によると、これに対して馬大使は、バナナ業界の「復活」を全力で支援することを約束。フィリピンのバナナ生産者、輸出業者と、比産バナナを輸入している有力な中国人実業家との会合を設定することなどを申し出たという。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

1月末まで入国規制延長、変異種対策(01/15)

20年の新車販売4割減 伸び率過去最低、コロナ打撃(01/15)

20年輸入車販売、40.7%減の5.1万台(01/15)

コロナ感染新たに1912人、計49万4605人(01/15)

英国型の変異種、国内初感染を確認(01/15)

ワクチンの緊急使用初承認、米ファイザー製(01/15)

政府、アストラゼネカとワクチン追加契約(01/15)

入管への問合わせ倍増、入国制限などで(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン