兼松、ミャンマー事務所を9月に再開

兼松は3日、現在休眠状態となっているミャンマー・ヤンゴン駐在員事務所を9月1日に再開すると発表した。 同社が拠点を開設したのは1942年。欧米諸国の経済制裁を受けて98年にいったん休眠化させていたが、ミャンマーでは昨年3月の民政移管以降、民主化・経済開放が急速に進んで…

関連国・地域: タイミャンマーシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマーのヤンゴン国…(12/09)

水道事業改善の協力を拡大 福岡市、インフラ整備加速へ支援(12/09)

ヤンゴンとの絆描く光点灯、福岡市が寄贈(12/09)

KBZ、三井住友海上と損保シェア拡大へ(12/09)

最低賃金、20年改定へ政労使が協議開始(12/09)

マグウェーに国内最大の太陽光ミニグリッド(12/09)

電力供給公社、20年までに5000村を電化へ(12/09)

香港系、大型複合開発に3.5億ドル投資(12/09)

携帯購入者に指紋登録義務化か、懸念広がる(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン