• 印刷する

米不動産王の息子が来比、高級コンドの起工式で

高級コンドミニアム「トランプ・タワー・マニラ」の起工式に出席するため、米国の不動産王の異名を取るドナルド・トランプ氏の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏と次男エリック氏が26日にフィリピンに到着した。あす28日まで滞在予定。ABS―CBNなどが伝えた。

昨年9月に発表されたトランプ・タワー・マニラは、トランプ氏とのブランド契約により、センチュリー・プロパティーズ・グループのセンチュリー・シティー・デベロップメントが建設を進める。マニラ首都圏マカティ市内の複合開発地区「センチュリー・シティー(面積3.4ヘクタール)」の一画で56階建ての高級コンドミニアムを建設する。事業費は1億5,000万米ドル(約120億円)。供給戸数約220戸のうち、すでに67%が売約済みという。完成は2016年を予定している。

センチュリー・プロパティーズのロビー・アントニオ社長は、「両氏の来比は、彼らがフィリピンを世界クラスの不動産開発の舞台として認識している証拠」とコメントしている。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元住民でにぎわう食堂…(08/18)

公衆衛生の緊急事態解除せず 大統領意向、年末まで視野(08/18)

マルコス大統領、追加接種を完了(08/18)

7月東南ア訪日者数、前年比24倍の4.5万人(08/18)

FDI認可額2.1倍、4~6月(08/18)

推奨小売価格67品目上げ、貿産省(08/18)

BOT法細則見直し、政府検討(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン