• 印刷する

米農務省、比産バナナの本土輸入解禁へ

米農務省はこのほど、米本土のフィリピン産バナナ輸入を解禁する方針を示した。同国は比産バナナが害虫に汚染されているとして輸入を禁止してきたが、害虫駆除対策の強化を条件に輸入を認める見通し。これによりフィリピンのバナナ生産者は巨大な米市場に参入することになる。

ビジネスワールドによると、米農務省の動植物検疫局(APHIS)はウェブサイトで、フィリピン政府の要請に応じて、果物・野菜の輸入規則を改正し、本土での比産バナナ輸入解禁を勧告することを明らかにした。

米本土は現在、中南米からバナナを輸入しているほか、ハワイで生産されるバナナが流通している。APHISは比産バナナの輸入解禁について、検疫問題に加えて、ハワイへの輸出は認めないことから同州のバナナ生産者が大きく圧迫されることはなく、輸入に占める比産バナナの割合が小幅にとどまると見込まれることから、通商上の問題もないと判断したとしている。

アジア太平洋大学(UA&P)食品・農業センターのロランド・ディー事務局長は、米国の輸入解禁について「歓迎すべき動き」としながらも、比産バナナは中南米産と比べて輸送コストが高いことから、これらの地域との厳しい競争で苦戦するとの見通しを示している。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(16:46)

オミクロン株、新たに492人感染(15:50)

(表)新型コロナウイルス感染者数(18日)(01/19)

テイクオフ:「親友の親戚家族全員が…(01/19)

受診者、デルタ流行期下回る オミクロン株、軽症者多く(01/19)

ASEAN向け日本留学フェア開催、岡山大(01/19)

新型コロナ、新たに2万8471人感染(01/19)

接種促進へ薬局など活用、まず7カ所(01/19)

公共交通の利用制限、従業員は対象外(01/19)

鉄道の利用制限、初日違反者は1700人超(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン