• 印刷する

老爺大酒店グループ、3年間に世界で10軒

老爺大酒店(ホテルロイヤル)グループは、向こう3年内に30億台湾元(約84億円)を投じ、世界でホテルを10軒以上増やす。買収などを通じて、欧州市場への進出も目指す。

同グループは現在、台湾内外で計9軒を運営。うち、海外はベトナム、モーリシャス、ニカラグア、パラオに進出している。

沈方正執行長は「欧米は不動産価格が低迷しており、進出の好機」とみており、他社との共同による建設や管理の委託、買収などの方法で展開を拡大する方針だ。昨年のグループ売上高は約30億元で、うち海外が52%。今年は33億元を見込んでいる。

域内では、台北市北投区と台南市でホテルを新設する計画。いずれも2014年に開業する予定だ。

北投では5億元を投じ、市政府のOT(運営、譲渡)案としてメディカルツーリズム向けのホテルを建てる。台南では統一企業(ユニプレジデント)グループと協力し、現在開発が進められているショッピングモール「南紡夢時代」に客室250室のホテルを設ける。投資額は4億元。


関連国・地域: 台湾ベトナムアジア米国中南米欧州
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売り観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に一時帰国すること…(08/09)

7月輸出額、2番目の高水準 433億米ドル、半導体は2桁増(08/09)

中国軍、台湾演習を継続=圧力常態化(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ミサイル台湾越え認める、国防部「厳密に把握」(08/09)

中国ミサイル脅威浮き彫り、米政権は関与で抑止(08/09)

中国軍事演習で懸念共有、外相が国連総長と会談(08/09)

黄海での実弾訓練、国際飛行経路に影響なし(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン