シンガポール系が兵器調達仲介、人権団体

人権団体「ジャスティス・フォー・ミャンマー(JFM)」は11日、シンガポールとミャンマーの企業116社が同国国軍による兵器調達を仲介したとして、各社の取締役と株主の計262人に国際社会の制裁を求めた。 JFMによると、116社のうち31社は2021年2月1日のクーデター以降も、…

関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国連、ザガイン学校攻撃は「戦争犯罪」(09/30)

観光業振興に214億チャットの公的融資(09/30)

批判は「承知」、国葬へのミャンマー招待(09/30)

「ミャンマーに注目を」、拘束の久保田氏(09/30)

29日の感染者379人、新たに死者1人(09/30)

3カ国、低成長と物価高併存 ミャンマーはインフレ率20%も(09/30)

企業情報の閲覧不可に、国軍の圧力か(09/30)

国家経済のために工業団地が必要=総司令官(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン