ウクライナ穀物輸出再開、海路は不可欠

【キーウ共同】世界的な食料危機の引き金になる恐れがあるウクライナからの穀物輸出の停滞が解消される可能性が出てきた。ロシアの侵攻で黒海の海上輸送路が遮断され、輸出量は激減。陸路や河川による輸送が一部始まったが、量は限定的でコストも高く、輸出の正常化には海路の復活…

関連国・地域: 日本ロシア欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

「世界の台所」の商機探る 地場は代替素材や自動化に関心(09/30)

テイクオフ:ゴウッと風が鳴り、その…(09/30)

【日印国交70年】マネサール再生物語 ホンダ二輪、新時代へ(下)(09/30)

日本食の「次世代」育てる 食品輸出、地場巻き込む新枠組み(09/30)

東京で国交50周年記念祭典 習主席、関係深化に前向きな姿勢(09/30)

日印国交70年、両国若者が8日間900キロを旅(09/30)

日本産の卵、茶餐庁メニューで味わって(09/30)

ニッパツ、自動車電動化製品の生産能力増強(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン