• 印刷する

TCS、慶応大と「力触覚」技術応用で提携

インドのITサービス最大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は29日、慶応義塾大学のスタートアップ、モーションリブ(川崎市)と、遠隔でモノの手触りや感触などの触覚を伝える技術「リアルハプティクス(力触覚伝送技術)」の実用化で提携すると発表した。製造や建設、生命科学など幅広い分野でリアルハプティクスの技術を使った「インターネットオブアクションズ(IoA)」の導入を狙う。

リアルハプティクスは、ロボットにひとの「触る」「握る」「持つ」と力加減や触覚(力触覚)を与えることができる制御技術で、慶応義塾大学の大西公平特任教授が発明した。

日本TCSの広報担当者は29日、NNAに対し、「ひとの動作をコピーし、ロボットに複製することが可能で、『動き』をインターネット化する技術(IoA)となる」と説明する。例えば、熟練した職人(製造業)や医師(医療)の技術や手技を継承することが可能なほか、遠隔手術や医薬品の検品検査などにも応用できる。

同広報担当者によると、日本企業からの引き合いが既にあるという。ただし、ひとの動きを機械に委ねることができるようになるため、「軍事転用の防止を徹底することが重要だ」と述べた。

ひとの力触覚を再現するだけでなく、動作データとして保存でき、「繰り返し再生したり、高速再生したりでき、製造現場などでは生産性の向上も見込まれる」(同広報担当者)。かつて人間の五感では、視覚、聴覚の伝送としてテレビ、電話が発明されたが、「触覚の伝送という点ではテレビ、電話に続く発明」として位置付けられているという。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの人たちと世間話…(08/17)

パナ炊飯器会社、新棟建設中 増産見据え、自社敷地内に3棟目(08/17)

マヒンドラ、数年で電動SUV5車種を発売へ(08/17)

グリーブスコットン、電動二輪の輸出視野(08/17)

日揮グローバル、チェンナイに新拠点設立へ(08/17)

国営石油、再エネなど戦略投資1.4兆ルピー(08/17)

コンテナ増産へ、政府が行程表策定中(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン