鉄鋼価格、2カ月連続で下落 台湾系大手は15%、依然先安観

ベトナムで鉄鋼価格の下落傾向が鮮明になってきた。業界大手の台湾系フォルモサ・ハティン・スチール(FHS)は、鉄鋼製品の母材となる熱延コイル(HRC)の6月契約価格(8月渡し)を前月から15%弱値下げした。最大手ホアファット・グループもFHSを下回る価格を提示し、…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

新規感染2192人、前日から175人減(19:57)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

7月新車販売は前月比20%増 買い控え収束、供給制約が足かせ(08/12)

ビンファスト、EV供給難で7月販売4割減(08/12)

国営電力、強制力のある節電法整備を要請(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン