マレー半島の電力・水道料金、据え置き

マレーシアのイスマイルサブリ・ヤーコブ首相は24日、マレー半島の電力・水道料金を7月以降も据え置く方針を明らかにした。物価が上昇する中、消費者の負担を軽減することを目的としている。エッジ(電子版)が同日伝えた。 政府は、基本的な電気料金を2024年末まで現行の1キロ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仲良しの友人2人が大げ…(08/17)

車部品メーカーの生産性向上へ 投資開発庁とプロドゥアが支援(08/17)

新規感染2437人、7日ぶり3千人割る(08/17)

マ航空、エアバスA330ネオ20機を調達(08/17)

RM1=30.0円、$1=RM4.47(16日)(08/17)

物流ティオンナム、ジョ州系と物流団地開発(08/17)

物流スイフト、隣国の石油ガス運輸業者買収(08/17)

通信マキシス、小売り分析の新興企業に出資(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン