• 印刷する

国軍への圧力強化を=国連特別報告者

ミャンマーの人権状況を担当する国連人権理事会のアンドリュース特別報告者は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に対し、ミャンマー国軍への圧力を強化するよう求めた。

アンドリュース特別報告者は訪問先のマレーシアで、ASEANとミャンマー国軍が昨年4月に合意した暴力停止などの5項目について、「現在のように進展がない状況では、何の意味もない」と指摘。具体的な戦略と計画をもって合意を実現させるよう、関係各国に要請した。

アンドリュース氏はさらに、ミャンマーの民主派がつくった挙国一致政府(NUG)との関係構築を図るよう、国連加盟国に呼び掛けた。

ミャンマー国軍への対応については、ASEAN加盟国の中で意見が分かれている。ASEANは22日、議長国であるカンボジアの首都プノンペンでASEAN国防相会議(ADMM)を開催。ミャンマーからは、国軍が国防相に指名したミャトゥンウー氏の出席が認められた。

カンボジアが国軍に融和的な姿勢を示す一方、マレーシアは2021年2月のクーデター以降、一貫して国軍と距離を置いている。今年5月にはマレーシアのサイフディン外相が、NUGで外相を務めるジンマーアウン氏と米ワシントンで会談した。


関連国・地域: ミャンマーカンボジアマレーシアASEAN
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

輸出収益の35%は送金など可能、中銀声明(08/19)

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(08/19)

パーム油などの価格操作へ措置表明、国軍(08/19)

ヤンゴンで豪雨、卸売市場が浸水被害(08/19)

食材高騰で屋台値上げ、低所得層に打撃(08/19)

コメ価格急騰、市民生活を直撃(08/19)

トウモロコシ価格、900チャット台に反発(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン