中銀、米ドル売り介入積極化 インフレ警戒、為替安定図る

ベトナム国家銀行(中央銀行)は、外国為替市場で米ドルなどの外貨を売って自国通貨ドンを買い入れる市場介入を積極化する方針だ。外為市場では米国の相次ぐ利上げを受けて米ドルに対する需要が高まっており、反動で急速なドン安が進めばエネルギーや原材料の輸入価格がさらに上昇…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン減産、地域経済に影 バクニン省、スマホ3月の半分(07/04)

電子部品産業、中国からの生産移管が追い風(07/04)

ガソリン価格引き下げ、4月12日以来(07/04)

FLC、ハノイの旧本社ビルを買い戻す方針(07/04)

上場27銀行、2Q純利益が36%増(07/04)

上半期の原材料価格指数、6%上昇(07/04)

中国外相がミャンマー入り、東南ア歴訪で(07/04)

22年成長率は6~6.5%超えも、統計総局長(07/04)

通年の成長率を7%に上方修正、UOB予測(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン